tezomeya ブログ

アルコール抽出での染色 ~今年の公開実験教室報告

アルコール抽出での染色 ~今年の公開実験教室報告

先週の土曜日は久方ぶりの公開実験教室。

7名募集のところ、キャンセルなどもあり当日は
4名で実施。少数精鋭です(言い訳)。

伝統色のワークショップは募集定員すぐ埋まるんですけど
この「公開実験教室」は、中々満員御礼にはならない・・。

実験教室って名前がダメなのかな。
そんな難しいことしてるわけじゃないですよ、皆さん。

今回は、お手軽に4時間で染められる染色方法。
カセットコンロを持ち込んでもらって作業した。

先ずは消毒用アルコールに染料を浸けて
色を出します。
染料は不織布に入れてね。

だいたい1時間ほども浸けていると色が
じわぁっと出てくる。

染めるアイテムは予めミョウバンで媒染しておく。

で、色が出てきたアルコールに水をいれて
完成させた染液に、媒染したアイテムを
入れて、染料入り不織布を入れたまま(ここ大事)
火をかけて染色。

合間に説明なんかをしながら・・・

再度媒染をして、そして更にもう一度
染液に入れて火をかけて染色をして

で、最後に洗濯して・・・

完成しました。

作業を始めてからだいたい4時間。
濃い色目に染まりました。

今回の作業のポイントは

・染料をミルサーなどでできるだけ細かく砕く
・消毒用アルコールで色を抽出する
・そのアルコールは染色直前に水で薄める
・染液に染料を入れたまま染色する

この4点。

これがちゃんとできれば、短時間でもそれなりに染まります。

このアルコールを使った染色方法、まだまだ検討の余地が
たくさんあるんだけど、これからもトライアンドエラーで
研究していく所存でございます。

またどっかで発表します。

皆さん、たのしかったですよね!

よかった、笑顔でした(ってその瞬間をカメラでとっただけだけど)。

ではでは、次回は4月を予定してます。
またよろしくです!

手染メ屋 https://www.tezomeya.com/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

Related Articles関連記事