tezomeya ブログ

葛の葉で緑色をふたつ染めてみよう!

葛の葉で緑色をふたつ染めてみよう!

『葛で2種類の緑染めワークショップ』

日 時 2018年7月28日(土)13時スタート 17時終了予定
場 所 手染メ屋工房内 アクセスはこちら
解 説 tezomeya店主 青木正明 
費 用 3,500円(税別、染アイテム別)
定 員 先着8名様  定員締切
お申込 お問合せフォームをクリック頂きフォームから申込み下さい
※項目から「tezomeyaのイベント教室」をお選びください
その他
・染アイテムはこちらで絹ストール2種類を用意いたします。
①絹格子ストール(57cm×170cm 1枚税別3,200円)
②絹擬紗ストール(34cm×130cm 1枚税別1,600円)
から当日お選びいただけます。また今回は2系統の緑色が染まりますので、それぞれを染めたい方は2点お選びいただけます。なお、本ページ画像のストール
は全て①です。30g未満の絹素材であればお持込可能です。30g未満を2点お持ち頂いても結構です。詳しくは御申込時にご相談下さい。

   本イベントは定員に達したため募集締め切りました(7/19)

今年2回目のtezomeyaイベントワークショップ。久方ぶりに緑染めをしたいと思います!

皆様、鮮やかな緑を染め上げることが出来る天然染料って存在しない、というお話しをご存知ですか?これ、この業界では結構有名なお話しですので、草木染めがお好きな方でしたらお耳にされたことがあるかもしれませんね。
いわゆるカーキグリーンや国防色的な暗いくすんだ緑系なら鉄媒染で染まるものもあるのですが、新緑のキレイな色や、黄緑色などの鮮やかな緑系は実は染め出せないんです。
そうなんです。私たちの身の回りにはこんなにたくさんの緑の植物がいるのに、この緑に染め上げることの出来る草木が一つも無いんですよ・・・。

では、昔はどうしていたか・・・・? 青色+黄色で緑を染め上げていたんですね。藍染めで青く染めた後にキレイな黄色に染まる刈安や黄蘗で重ね染めをして、緑を染めていたんです。

でも、昨今の様々な研究家の方たちの努力の賜物によって、なんと植物の緑染めができるようになったんです!
あの有名な山崎青樹さんが発見・開発した手法を使えば、誰でも緑に染めることが出来るんですよ!若干青磁よりの緑ですけど。
ということで、今回はその山崎青樹さんの方法を少しアレンジして皆さんとあこがれの緑を染め出そうと思います。

そして、更に今回はもう一つ。tezomeya考案のエタノールを使用した今風の、でも悪く言うと少々ズルい緑染めもしてみたいと思います。
山崎青樹さん方式と、tezomeya方式では、染まり色が若干違います。なお、どちらも媒染は明礬と酢酸銅を使用します。ですので、この色の違いは媒染による違いではありません。

左が山崎青樹さん方式、右がtezomeya方式の仕上り色です

tezomeyaがめったに使わない酢酸銅。この緑染めの際にだけ利用させて頂いております。なんか銅ってイメージ悪いように聞こえることがあるのですが、決してそんなことないです。tezomeyaがなぜ普段銅媒染をしないか、というのは、環境志向的な考えからではないです。皆さんが思っておられるほど悪いもんじゃないです。もし時間があればそのあたりのお話しも出来ればと思います。

酢酸銅で媒染中の絹ストールです

染料には葛(くず)の葉を使います。工房の近くの鴨川の河原で生えていることが多いので、ワークショップ当日までに番頭が採取させて頂きます。出来るだけ新鮮な状態で使うのが良いので、おそらくワークショップ前日に刈りに行ってきます。

鴨川沿いで手に入る葛の葉

・・ということで、今回は葛から少し系統の違う2つの緑を染めて頂けます!
1つの染料から2色が染まるってちょっとお得感ないですか? ないか・・・。

この緑の正体は「葉緑素」なんですが、同じ葉緑素を持った葛の葉を使って媒染剤も同じなのに、なんで2つの色目が違うのか、そしてこの葉緑素ってどんなものでどんなにすごいものなのかとか、そのあたりのお話しもできればしたいと思っています。植物って、本当にすごいんですよ。それもこれもこの葉緑素のおかげなんですね。そのあたりを難しくない程度に、是非ご紹介したいと思います。

山崎青樹さん方式でぐつぐつ煮込んでる様子

定員は8名、いつもの通り先着順です。
皆様のご応募、心よりお待ちいたしております!

 

https://www.tezomeya.com

86件のコメント

  1. 初めまして
    最近草木染を始め、染めた糸で刺繍をしています。
    緑色に染めたくて、色々調べていてたどり着きました。
    エタノールを使って葛の葉で緑色に染められるのですね。
    もしよろしければ染め方を教えて頂けないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    1. はじめまして。
      お返事が大変遅くなってしまいました・・。
      緑染めにご興味をお持ちとのこと、うれしいです。
      後ほどいただきましたメールアドレス宛にお送りいたします。

  2. 初めまして
    草木染めに興味を持ち、今年の春から楽しんでおります。
    緑色がなかなか出なくてネットで探して拝見させていただいて勉強させいていただいています。
    エタノールでの染色是非教えていただければと思いコメントさせていただきました。
    機会があればワークショップにも参加したいと思っています。
    宜しくお願いします。

    1. コメントありがとうございます。
      草木染めにご興味をお持ちとのこと、素晴らしいです。
      それでは後ほどいただきましたメールアドレス宛に緑染めに関するレジメをお送りいたします。

  3. はじめまして。
    緑染に挑戦したく山崎さん著書の方法を
    検討しておりましたが、発色的にこちらの
    緑色の方がイメージに近く試してみたいと
    考えています。
    可能でしたら方法をお教えいただけないでしょうか。

    また、アルコール抽出の場合、抽出液の保存
    (すぐに使うのがベター、数日なら影響なし)
    について知見お持ちでしたらお教え
    頂ければと思います。

    1. お問い合わせありがとうございます。それでは後ほどいただきましたメールアドレス宛に資料をお送りいたします。
      アルコール抽出液の保存については申し訳ありませんが私は知見も持っておりません。
      ただ、2日間つけっぱなしで抽出したことがありますが特に色相に関してそん色はなかったと思います。
      正確な比較実験をしたわけではありませんが。。

  4. レジュメ送付ありがとうございます。
    夏の間に1度試して見たいと思います。
    保管時の状態変化参考になります。
    まずは収穫当日に染める様にしたいと思います。

    1. はい。ぜひ一度お試しくださいませ。
      良き色に染まりますように。

  5. こんにちは、つまみ細工に使用する生地を自分で染めることに興味を持ち
    草木染めを今年初めましたが、緑色がなかなか出なくてネットで探していましたら、こちらのサイトにたどり着きました。
    作品作りにヘップも染めたいと思い、エタノールでの染色是非教えていただければと
    思いコメントさせていただきました。
    よろしければ、染め方を教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    1. 緑染めにご興味をお持ちくださりうれしいです。
      後ほどいただきましたメールアドレス宛にレジメをお送りいたします。
      ただ、この緑染めは絹やウールなどのタンパク質系繊維でないとしっかり染まってくれません。
      綿、麻などのセルロース系繊維にはあまり色がついてくれないのです・・・。
      ヘップという素材を不勉強で知らないのですがどのようなものでしょうか?
      タンパク質系のものでありますように。

  6. 初めまして。
    葛の草木染めで調べていたところ、こちらのページにたどり着きびっくり!
    草刈りのついでに葛で草木染めをしたいと思っているのですが、当方全くの初心者でして
    特に緑色は玉ねぎに藍染という方法でしか今までやったことがありませんでした。

    もし良ければレシピ等ご教授いただけたらと思い、メッセージを送ります。
    ご返信いただけたら何よりです。

    1. コメントありがとうございます。
      承知しました。後ほど資料をお送りいたします。

  7. こんにちは、再度おねがいです。
    以前レジメを送っていただきましたが、体調を崩しなかなか染をできるまでに
    時間がかかり、レジメのメールを誤って削除してしまったようですので、
    よろしければ、再度レジメを送っていただけないでしょうか?

    1. さきほど再度メールをお送りいたしました。ご確認ください。

  8. おはようございます。
    メールありがとうございます。
    確認いたしました。
    挑戦してみます。

  9. はじめまして。

    手に入る身近な植物で染めていますが緑色はモヨギで淡い色が染まっただけです。エタノールを使うとは驚きました。ぜひ試して見たいのでよろしくお願いいたします。

    1. コメントありがとうございます。
      承知しました。後ほど資料をお送りいたします。

  10. はじめまして、大学(老人大学)の課題学習で草木染について調べてみよう、染めてみよう、発表しょうと言うことになり、参考資料を漁っているところです。中でも緑色はわらびやヨモギで若草色までは出せる様には書いていますが、エタノールでの染色はどこにも載っていません、是非レクチャーいただければと思いコメントさせていただきました。ちなみに私たち5人グループで虹色(7色)に挑戦しています。

    1. はじめまして。コメントありがとうございます。
      天然染料にご興味をお持ち下さり大変うれしいです。
      ただ、レクチャーとなりますとどの程度の規模でどこまでの内容をどのような方法で行うか、という詳しいお打合せが必要かと思います。
      もしよろしければ以下の「お問い合わせフォーム」からご連絡いただけましたら幸いです。
      https://www.tezomeya.com/ja/contact/mailform/
      その際、
      1.エタノールを使用した染め全般のことを知って実際に染めたいのか?
      2.エタノール抽出で染まるメカニズムをお知りになりたいだけなのか?
      あたりのことを具体的にお教えいただけますと幸いです。

      1. 早々にご連絡いただきまして、ありがとうございました。課題学習で草木染について調べてみよう、染めてみよう、発表しょうのコンセプトで、自然の植物染料が媒染剤により、どの様に変化するか、染まる過程も試し、その一つとしてエタノールのことを知った次第です。エタノール抽出で染まるメカニズムも知りたく、エタノールを使用した染め方なども教えていただきたく思っています。その祭の注意事項等などあればお願いします。染める布は正絹ストール、スワトー綿ハンカチ、綿布、綿のTシャツ等です。是非試してみたいと思っています。

        1. さきほどメールアドレス宛に資料添付と簡単なエタノール染めのメカニズムをお伝えいたしました。
          どうぞ良きお色に染まりますことをお祈りしております。

          1. メールありがとうございます。
            確認いたしました。
            挑戦してみます。

  11. メールありがとうございます。
    確認いたしました。
    挑戦してみます。

  12. 初めまして。
    この季節の草木染めの材料を探していて、このページにたどり着きました。
    緑染めにとても興味があります。
    キレイな緑にするにはやり方があったんですね。
    ぜひ教えていただけますでしょうか。
    お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

    1. コメントありがとうございます。
      承知いたしました。
      のちほど頂きましたメール宛にお送りいたします。
      すこしお待ちくださいませ。

  13. 初めまして。

    「草木染め緑」でこちらに辿り着きました。
    お手数お掛けしますが、エターナル染めの詳細を教えて頂けないでしょうか?

    よろしくお願い致します。
                       福山

    1. こんにちは。ご興味をお持ちくださりありがとうございます。
      頂きましたメールアドレス宛にさきほどお送りいたしました。
      ご査収いただけましたら幸いです。

  14. 初めまして。
    青木様が書かれました『天然染料の化学』は本当に楽しく、
    疑問が浮かぶ度に開いております。

    エタノール抽出についても
    具体的に取り組んでいる方を見つけられなくて
    どうしたものかと思っていたら
    こちらに辿り着き
    あれ?青木さんてこの本の青木さん?!
    と勝手に驚いております(汗)

    私もエタノール染めについてご教授頂きたく存じます。
    お忙しいとは思いますが
    お時間のある時に資料を頂けましたら幸いでございます。

    1. 書き込みありがとうございます。
      また、拙書をお読みくださっているとのこと、光栄です!
      承知いたしました。のちほどいただきましたメアド宛にお送りいたします。
      少しお待ちくださいませ。

      青木正明

      1. 青木様

        ご丁寧な返信を下さいまして有難うございます。
        レジメも受け取りました。
        有り難く頂戴致します。

        ともすると技法や材料などは企業秘密や門外不出とする方も多い中、
        また青木様の得になるものではないにもかかわらず
        隠すところなく誰にでも広くオープンに教えて下さいます
        そのお心に感服するばかりであります。

        今後とも勉強させて頂きます!
        機会に恵まれ京都に行く時があればお邪魔させて頂きます。

        色々と大変な世の中ですが
        青木様、スタッフの皆様どうぞお体ご自愛くださいませ。

        1. こちらこそご丁寧にお返事を下さりありがとうございます。
          過分なるお言葉恐縮ですが、それほど大それたことを考えているわけでは全くありません。

          「技術」や「技法」も情報の一つと思っています。
          そして、情報とは常に人を通じて流れ伝わるものと思っています。
          私も結局はいろいろな方のお話や資料からあふれ流れた情報を仕入れて作業をしているだけのことでして、それを私のところでせき止めてしまうのは何か違うな、と思っているだけです。
          私のところで「情報の渋滞」を起こすのが嫌なだけです。

          また私でわかることでしたら何なりとお申し付けくださいませ。
          京都にいらした際にはぜひお立ち寄りくださいませ。

          取り急ぎ、それでは失礼致します。
          今後とも宜しくお願い致します。

  15. 沖縄で草木染めをしています。
    最近、緑に染めることをしてみたくいろいろ調べていました。
    そしてこちらに辿り着きました。
    私にもエタノール抽出の緑染めを教えていただけないでしょうか?
    どうぞよろしくお願いします。

    追伸
    私は京都出身で本籍地がtezomeyaさんのとても近くで
    嬉しくなりました。
    京都に帰った際は見学に伺わせてください!

    1. お問い合わせありがとうございます。
      緑染めにご興味をお持ちとのこと、素晴らしいですね。
      のちほどいただいたメアドあてにレジメなどお送りいたします。
      今日とご出身とのこと、ぜひお近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Articles関連記事