tezomeya ブログ

tezomeya日記

週末

黄金週間はずっと仕事だったんで、先週末はいろいろと楽しませてもらった。
いつもの通り全然染色と関係ないけど、勝手に自分レポート。

5月8日フライディナイトはヒメノさんとこのミルキクサローネ
例の月イチのサロンイベントだ。

今回は「菅野よう子」がお題目。

恥ずかしながら名前も知らなかったんだけど、この人、すごいわ。

普通、自分のスタイルって、良きにつけ悪しきにつけ絶対あるじゃん。それがメジャーな人ならなおさら。
この人、それが全くない。
主にアニソンやいろんなBGM作曲家としてむちゃくちゃ売れっ子らしいんだけど、
曲によって、その雰囲気が全然違う。
で、アプローチは違えどいつも根底に流れる一筋の川、みたいなのが全くない。
ホント、全然ないんだよ。

大体どの音も、
「あ、どっかで聴いたことある」
なわけ。
たまには盗作まがいなものもあったりして。

それが、BGMとして使われると映像やその雰囲気とバッチグーなんだよね。
今回は森田さんが持てる技術を駆使して映像と音で見せてくれたんだけど、
映像がシンクロすると途端にむちゃくちゃカッコいい。

攻殻機動隊やカウボーイビバップのテーマ曲とかホント、もう、まいっちゃいます。

で、そうかと思えばコスモ石油のあのエコなCMソングとかクリスタル・ケイの作編曲なんかもやってたり。
全く主体性がありません。この人。

多分、BGM作曲家としてはとってもやりやすい人なんだろうな、と。

例えば、
「久石譲さんみたいなBGMとクレージーケンバンドみたいなBGMを同じ映画の違うシーンで使いたい!」
と思ったら、普通2人の全然タイプの違う人に曲頼まないとダメだよね。
だけど、菅野よう子さんに頼めば、一人でそれをバッチリやってくれる。ほんとにバッチリ。

まいった。
こういう人がいるんだ。
ちゃんとメジャーになれるんだ。

いや、勉強になりました。
ありがとうでした森田さん。

で、土曜日からはうって変わって田舎にgo。
garageさんとアラマルーツさんと家族みんなで明宝の里に行って来た。

garageさんが良く利用している棟貸しのロッジ。
川が近くにあって、バーベキューできて、広場があって、チェックイン・チェックアウトの時間がいい加減で、ホントのんびりしてきました。

これ、子供たちが川で遊んでるの図。

この後、やつら川に石投げしだして興奮しすぎて仲間に石が当たっちゃって
親に怒られてた(笑)。

garageの中西さんが最近スモークにはまってるらしくて、道具を持ってきて
鶏肉を燻製にしてくれた。これが、むちゃくちゃおいしくって、もう、ハイ、びっくりでございました。
1時間くらいで出来るのね、燻製って。
その前に下ごしらえは必要らしいけど。

あんまり美味しいので調子に乗ってたくあんやらチーズやら卵やら色々やりました。
今度はオトナがコーフンしちゃってた。
アタシもはしゃいでてphoto撮るの忘れてました。

ホントおいしかったよ。ありがと、たつにぃ。

で次の日曜日は昼過ぎまでロッジでのんびりして、
帰りについつい近くの鍾乳洞に行ってしまった。

かみどんがプチなケイヴィングおたくなので、良く行くんだけどね、我が家は。
なんかさ、鍾乳洞って、昭和なエンタメだよね。
釣堀と合体してたり、みやげ物に鍾乳洞せんべいみたいのがあったり、
入場券におみくじがおまけに付いてたり。
すごいよかったよ。
もちろん鍾乳洞もかなり本格的なものでした。
石筍も鍾乳石もとってもリッパなものばかりでした。

いや、楽しかった。

で、夜帰って、ご飯食べて大河ドラマ見て子供たち寝かせて風呂入って、
のんびりビール飲みながら何の気なしにテレビつけたら、

ちょうどNHKで清志郎の追悼番組が始まった。

ブラウン管の中の清志郎さんは、とっても若くて、元気で、キュートで、青さのカッコいいエンターテイナーでした。
もちろん晩年の活躍の映像もたくさんあったけど。

自転車にはまってる話もあったけど。

80年代の清志郎さんは、本当に輝いてた。

アタシはRC狂信者ではなかったけど、中学生の時に聴いたスローバラードと雨上がりの夜空とトランジスタラジオにはちょっとやられたクチだ。

おもわず、少しだけ涙が出た。
雨上がりの夜空のライブの映像で。

なので、ちょっと写真にとってみたんだけど、

全然映ってないな・・。
すんごい飛び跳ねてたんだけどね。清志郎さん。

この人は、沢山の人にたくさんのことを植え付けて天国にいった人なんだろうな。

忌野清志郎と泉谷しげるは、最も愛されるべきポストモダンなアーティストなんだろうな。

ポストモダンなスタイルなのにマジョリティに愛されるって、もう、これは、キャラ以外のなにものでもない。と思う。

すごい。
ほんとすごい。

顔とか発する言葉とか醸す空気とかにチャーミングなつぶつぶがにじみ出ちゃうんだよね。これは、もって生まれたモンなんだろうか。

清志郎さん、年取ってからも全然出てたもんね。

すごい。すごかったです。あなたは。

なんか、清志郎さんを観て、週末が締めくくられました。

安らかに成仏なさって下さい。
ありがとう。

合掌

店主@手染メ屋
https://www.tezomeya.com/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

Related Articles関連記事